手汗の悩みを解消する方法について

 

好きな人と手をつなぎたいと思っても、手に汗が多量に出てしまい、とても恥ずかしくて手を握ることもできない。といった症状に悩んでいる人も多いようです。この手の平に大量の汗をかく症状を、手掌多汗症といいます。緊張している時だけではなく、実はリラックスしていると感じている時にも、多量の汗を手の平にかいてしまうこともあるのですが、実はこの時にも交感神経が優位に働くために汗が止まらないということが起こります。この手掌多汗症の治療には、塩化アルミニウムを外用したり、ボトックス注射を行う、重症の場合には交感神経遮断手術を行うといった治療方法がありますし、神経ブロックや抗コリン薬の内服といったアプローチや、精神療法や心理療法などで治療を行うというケースもあります。ただ、今すぐ掌の汗を止めたいということは難しくなります。今すぐということであれば、塩化アルミニウムを外用する方法を応用して、手軽に持ち運びが可能な手の平用の制汗剤を利用するという方法がお勧めになります。手の平専用の制汗剤は、パウダータイプのものが多くなります。手の平にとってよく塗りこむことで、多量の汗を止めることが出来ます。

 

手汗の原因


更新履歴